転職と再就職 看護師・ナースの転職活動で違いとは

看護師ナース転職・空欄看護師転職エージェント 看護師転職サイトランキング 看護師が転職するには 転職エージェント比較転職と再就職看護師の給与・給料

看護師転職エージェント看護師の転職 > 転職と再就職


このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録

【看護師の方にとっての転職と再就職】

看護師転職エージェント
看護師の方に限らず、職場や仕事を変わることを転職といいます。

一方で、仕事を辞めて、再度仕事につくことは再就職と呼ばれています。


看護師さんの場合、結婚や出産で退職した後、育児がひと段落した後に、再度、病院などに勤める方も大勢いらっしゃいますが、その場合などは「再就職」になります。

また、次の仕事先が決まっていないのに会社をやめ、その後仕事先を探している人を少なからず見かけますが、この場合は正確に言うと「再就職」になります。

つまり、仕事を辞めて無職になり、それから再度仕事をつくために就職活動をするわけですから、転職ではなく「再就職」になります。

「転職」と「再就職」

今の仕事を辞めるのが、次の仕事が決まる前か後なのか、順番だけの差にしか感じないかもしれませんが、色々な意味で大きな差があります。

まず、収入の面で「再就職」の場合、会社都合での退職でなければ、数ヶ月間は収入が途絶えたままです。

仕事をしながらの転職活動であれば、収入は維持されますからその差はかなり大きいです。

採用側から見ると、次が決まっていないのに辞めるという行為は、少なからず計画性のなさを感じてしまいます。

実は、この計画性のなさを感じさせることが、不採用になるポイントになる場合が少なくありません。

また、数ヶ月のブランクがあると、現在仕事をしながら転職活動をしている人と比較すると、採用する側はマイナスのポイントをつけてしまう場合が多いといえます。

さらに、ブランクがあると医療に関わる新しい情報を入手しづらくなり、これも転職者と競うときにはハンディとなってしまいます。

このように、「転職」と「再就職」は似たような行動ですが、実際は大きな違いがあります。

ですから、やむをえない事情があって、次の職場が決まる前に辞める場合を除き、極力仕事をしながら転職活動をすべきでしょう。

>>>看護師の転職エージェント・サイト人気ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


看護師転職エージェントランキング
看護師の転職の流れ
上手な自己PRの方法
転職の面接のポイント
自己分析で転職を成功
看護師転職エージェント一覧
登録するエージェントの数
履歴書・経歴書の書き方
看護師転職のよくある質問
転職エージェントとサイトの違い
 看護師転職エージェントのサイトマップ
TOP / 転職ランキング / 転職方法 / 転職サイト / 比較 / 東京 / 神奈川 / 埼玉 / 千葉 / 愛知 / マップ
港区 / 渋谷区 / 大阪 / 京都 / 兵庫 / 滋賀 / 奈良 / 福岡 / 熊本 / 大分 / 広島 / 岡山 / 北海道